スポンサーリンク
スポンサーリンク

《エンパズ攻略》レイド&戦争で優先して倒すべき厄介な英雄リスト その⑥【empires & puzzles】

empires & puzzles/エンパイア&パズル

エンパズ好きの皆様こんにちは。

完全無課金ガチ勢けんた店長です(*´・ω・`)b

今回のピザゲームラボは、前回に引き続き人気シリーズのレイド戦で優先して倒すべき厄介な英雄の記事をお送り致します~!

スポンサーリンク
SNSschool
スポンサーリンク

厄介な英雄リストとは

当ブログのエンパズ/厄介な英雄リストとは、三年以上ほぼ毎日エンパズをプレイしている筆者が、実際に戦って個人的にコイツは厄介だな…と感じた英雄について解説しているシリーズになります(‘ω’)

今回でなんとpart.6!

エンパズ人気も相まってか、当ブログの大人気シリーズとなっております(#^^#)

ネメシス

ネメシスさんの特殊スキルはマナチャージ×1の段階からかなり厄介です。

特にマナ増加系のスキル持ちが味方にいる場合には要注意ですので、レイドや同盟戦争の相手にネメシスがいた場合は、マナ増加系スキル持ちの英雄はぜったいにおいていきましょう。

アン

ターゲットのHPが50%以上ある場合、HPが50%以上ある別の敵にもダメージを与えるという恐ろしいスキル持ちのアンさん。

マナスピードが速なので、レイド戦の場合基本的にはこちらの味方全員に被弾する確率が高く、その場合単純に考えてダメージ550%の全体技という事になるので、かなり凶悪な特殊スキルである。

しかもこの特殊スキルを受けた英雄が4ターン以内に特殊スキルを使用した場合、攻撃力や防御力、さらにはマナ生成までダウンするというのだから恐ろしい…。

ステロプス

☆4エピック英雄であるステロプスさんだが、保有する特殊スキルの修理の達人には注意が必要だ。

マナチャージ×1でも高い回復力を持つスキルで、ライフ値が最大HPが超えた場合は一時的に最大HP値が増加するという厄介な方の回復スキル。

しかもマナチャージ×2からは倒れた敵(3ターン以内)が復活してくる系のリバイブ系スキルになるという厄介っぷり。

そしてマナチャージ×3になってしまうと倒れた敵(4ターン以内)英雄が40%のHPで復活してくるという凶悪な回復系スキルなのである。

しかもステロプスのステータスは★4とは思えないほど高いというのだから本当に始末の悪いエピック英雄です。

フォーチュナ

フォーチュナさんの特殊スキルは、筆者的にエンパズ界でもレイド戦で当たりたくないワースト10に入るほど厄介な効果を持つスキルである。

全体ダメージ技ではあるが、ダメージ自体は大したことなくあまり脅威に感じない。

しかし堕落の仮面のフィエンドをこちら全員にサモンしてくるのが本当に厄介なのである。

堕落の仮面フィエンドは高い攻撃力でこちらを攻撃してくるフィエンドで、しかも回復も吸収し、攻撃力を30%以上も下げてくる。

しかもこの攻撃力ダウンは堕落の仮面フィエンドを保有する限り継続し、フィエンドを壊さない限り浄化もできない。

それでいてマナスピード速なので、とっととフォーチュナを倒さないと堕落の仮面地獄に陥り、にっちもさっちもいかなくなってしまいます。

呂布(リョフ)

呂布(リョフ)さんの特殊スキルもフォーチュナさん同様強力なフィエンドをサモンしてくる系です。

非常にフォーチュナさんの堕落の仮面フィエンドに似ている効果を持つ傭兵のフィエンドをこちら全員にサモンしてくる。

ただフォーチュナさんと違ってマナスピードが遅なのが救いなので、呂布(リョフ)さんが特殊スキルを発動する前に倒せる可能性もあります。

しかし呂布(リョフ)さんはステータスがすこぶる高いので、弱点属性を複数持ちで臨むのが最善かもしれません。

ヘインダール(恐怖の番人コスチューム)

↑特殊スキルのギャラルホルンの祝福の性能がかなりイカレている恐ろしいコスチューム英雄。

回復&リバイブ系特殊スキルの中では最も恐ろしい特殊スキルかもしれません。

ヘインダールの恐怖の番人コスチュームを見かけたら最優先で倒しましょう。

part.7につづく

というわけで今回はエンパズ攻略シリーズの記事の厄介な敵英雄についての記事をお送りいたしました!

このシリーズかなり人気なので、また厄介だな…と思う英雄がある程度溜まりましたらpart.➆へ続きたいと思います~!

ではではご閲覧ありがとうございました。

ピザゲームラボのけんた店長でしたm(__)m

「商標は個々の所有者の財産です。ゲームコンテンツおよび素材 (c) Zynga Inc. All rights reserved.」

スポンサーリンク
SNSschool

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました