スポンサーリンク

ガチゲーマーにおすすめの記事gamingpc激安LEDゲーミングパソコンランキング

【ストランデッドディープ/Standed Deep】イカダの積載量には注意!ゲーム詰みます!

ゲームライフ
スポンサーリンク

こんにちは。

ピザゲームのマップ職人、けんた店長です。

早々に脱出を諦めたストランデッドディープでまだまだ無人島ライフを満喫しております。

ほのぼのチュートリアル島ライフはこちらから
スポンサーリンク

ゲーム攻略に必要不可欠なイカダ

ストランデッドディープ Stranded Deep

チュートリアル島の更なる発展のために日々建築材料集めに島から島へ奔走しているけんた店長なのですが、その際に自作のイカダを使って海を渡っているのです。

ストランデッドディープのゲームを進めるためには、イカダの作成は必要不可欠ですし、材料集めを効率化するならイカダを作るだけではダメで、大きく快適に改造する必要があります。

イカダのアップグレード

ストランデッドディープ Stranded Deep

ゲーム開始直後はサイズも小さく必要最低限の装備しか積んでいないこんなイカダでした。

そんな頼りなかった私のイカダもゲームの進行と共に…、

ストランデッドディープ Stranded Deep

こんなに大きく逞しいイカダに成長しました(*^^*)

土台の材料は木材、ドラム缶、ブイボールにタイヤと、あるものを適当に合わせて作ったので寄せ集め感は否めないですが、だいぶ広くなりましたし、ボート用モーターなんかもついてるんですよ(*^^*)

この大幅なアップグレードのお陰で木箱をたくさん積めるようになったので、材料集めの効率も格段に上がりました。

ストランデッドディープ攻略の鍵は、まずはなによりもイカダのアップグレードですね!(*^^*)

浸水…。

しかしイカダの運行の際は積載量に気をつけなくてはいけません…。

ストランデッドディープ Stranded Deep

欲張って木箱を積みすぎたせいでご覧の有り様です…。

セーブしてなかったので焦りました(;>_<;)

ストランデッドディープ Stranded Deep

遠巻きから見ると完全に沈んでますね…(;∀; )

これで嵐でも来ようものならひとたまりもないですよ…。

大量の材料やアイテムを入れた木箱ごとイカダを失えば、完全にサバイブ意欲を失いかねないので、素材集めを諦めて一旦チュートリアル島へ戻ることにしました。

運悪く嵐が来ました…。

ストランデッドディープ Stranded Deep

チュートリアル島へ帰ろうと思った矢先、なんと恐れていた嵐がきてしまいました…。

アンカーを落としていても揺れること揺れること…。

何度も木箱を海の藻屑にしてしまい、何回もロードしてはやり直し、ロードしてはやり直しを繰り返しました(´;ω;`)

沈みながらも…

急いでアンカー外して帆を張り、愛しきチュートリアル島を目指しますが、イカダの前部分完全に海に沈んだ状態で進んでいきます(笑)

ストランデッドディープ Stranded Deep

↑これがイカダ操作時の主人公の視点です(笑)

さながら潜水艦ですね…(^∀^;)

ストランデッドディープ Stranded Deep

気を抜くと後ろの木箱が海に落ちるので、とにかく一心不乱にチュートリアル島に帰る事だけを目指しました。

ストランデッドディープ Stranded Deep

で、だいぶ苦戦したもののなんとか無事にチュートリアル島に辿り着く事ができました(*^^*)

この事を機にイカダに木箱を積みすぎるのはやめて、安全な運行ができるレベルの積載量を守って海に出る事に努めております(*^^*)

漂流時に乗っていた救命ボートが一瞬で海の彼方へ流されてしまったので、イカダを失う事は文字通り死を意味しますから、今後はイカダの事を最優先に考えながら素材集めに勤しむ事にします(*^^*)

イカダは命

というわけで今回はストランデッドディープのイカダと積載量についての注意喚起でした!

一度海に出ると毎回様々なトラブルがあってほんとに飽きないゲームですね(*^^*)

合わせて読みたいイカダの記事

ではではご閲覧ありがとうございましたm(__)m

けんた店長でしたm(__)m


ゲームランキング

↑ストランデッドディープファンはランキングクリックで是非当ブログのランキングをアップさせて下さいませ!m(__)m

※ c 2022 Beam Team Pty Ltd. Stranded Deep is developed by Beam Team Pty Ltd. All rights reserved.
※ Licensed to and published by Teyon Japan.

スポンサーリンク
SNSschool

コメント

タイトルとURLをコピーしました