スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ストランデッドディープ/島開発日記】まるで漁村!? ついにサバイバル【200日目】

ゲームライフ

皆様こんにちは。

ピザゲームのけんた店長です(*´・ω・`)b

今回は恒例となりました【Stranded deep/ストランデッドディープ】のチュートリアル島開発日記になっております~。

188日目の様子はこちら

なんと今回でついにサバイバル200日目を無事迎える事ができました!(笑)

このまま目指すは生存日数世界ランカー入り!

というわけで200日目のチュートリアル島を是非最後までご覧になって行ってくださいね~!

スポンサーリンク
SNSschool
スポンサーリンク

開発初期のチュートリアル島

ストランデッドディープ Stranded Deep

これが開発初期のチュートリアル島です(*´・ω・`)b

ゲームのチュートリアルを行った島なのでチュートリアル島と名付けたのですが、この頃はまだ無人島感がありますね(*^^*)

ストランデッドディープ Stranded Deep

本当にゲーム進行のための必要最低限の設備に少し毛が生えた程度という感じで、なかなか可愛らしい雰囲気で良いですね(*^^*)

しかし当記事執筆時ではもうこのチュートリアル島での暮らしも200日目…!

なんとチュートリアル島はこんなに恐ろしい変化を遂げたのです!

開発200日目のチュートリアル島

ストランデッドディープ Stranded Deep

こちらが開発200日目のチュートリアル島です!

もはや無人島とは思えないほどに発展成長を遂げたのではないでしょうか(*^^*)

ストランデッドディープ Stranded Deep

少し引きで見てもその発展ぶりが伺えると思います(*^^*)

けんた店長
けんた店長

いやあ…ここまで本当に長かった…

そして苦労と涙の連続でした…

遠くから見ても一目でわかる!

ストランデッドディープ Stranded Deep

ここまで島の開発が進むと、他の島へ遠征に行った時の帰りも迷わずに帰ってきやすくなります(*´・ω・`)b

ストランデッドディープ Stranded Deep

前は遠征時の帰りに高確率で自分の島を見失ってたため、遠征にはコンパスと双眼鏡が必須アイテムでしたが、今では遠くからチュートリアル島がある程度視認できるため、もうコンパスも双眼鏡も使わなくなってしまいました(笑)

その分木材積めるから嬉しい~!

200日目のチュートリアル島 その②

ストランデッドディープ Stranded Deep
ストランデッドディープ Stranded Deep

200日目ともなると、島のメイン部分以外の開発にも着手できるようになり、一部だけの発展ではなく島全体の発展を意識できるようになってきました(*^^*)

ストランデッドディープ Stranded Deep

島のメイン部分の逆に位置する場所に、新たなタワーの建設もし始めました(*^^*)

木材が許す限りは島全体のボリュームを上げて行きたいですね~!

新たな高層建築物の完成

ストランデッドディープ Stranded Deep

そしてかねてより着工していた島メイン部の第2タワーが完成致しました(*^^*)

ストランデッドディープ Stranded Deep

第2タワーは造りを少しユニークにしようと思い、階段の位置や、建築方法を色々と工夫してみました(*´・ω・`)b

アスレチックのようなユニークな造り

ストランデッドディープ Stranded Deep

最上階付近はアスレチックのようなかなり斬新な造りにしてみました(*^^*)

ストランデッドディープ Stranded Deep

ちなみに最上階の展望デッキからは、島のほとんどの部分が見渡せます!

ストランデッドディープ Stranded Deep
ストランデッドディープ Stranded Deep

第一タワーが左手に少し見えてますが、だいたい同じくらいの高さのようですね(*´・ω・`)b

とてもお気に入りの場所です。

干ばつに備えて

ストランデッドディープ Stranded Deep

そういえばサバイバル200日を控えたあたりからなぜか雨があまり降らなくて、畑の作物が枯れてしまい空腹に喘ぐ事が増えたので、非常食の確保を急ぎました。

ストランデッドディープ Stranded Deep

そこで近くの島をめぐってココナッツの実を大量に集め、ココナッツの貯蔵場所を設けました(*^^*)

これならたまの水不足で島にピンチが訪れようとも、ある程度なら凌げますよ!

ただ連続してココナッツばかり食べてるとお腹を壊すので、豆の缶詰めや、木材は消費してしまいますが肉を燻製にして備えておこうと思います。

目指すは生存日数世界ランク入りなのでね~!(*`・ω・)ゞ

夕方のチュートリアル島

ストランデッドディープ Stranded Deep

昼間の明るい時間帯が一番好きですが、けっこう夕闇に沈む時間帯のチュートリアル島の風景も好きで、石ナイフなんて構えながら歩くと気分はまるでファークライです(笑)

ストランデッドディープ Stranded Deep

無人島の草木と木造の建築物が相まって、まるでジャングルの砦のように映し出してくれるのです(*^^*)

なぜか初期のドンキーコングとかも頭に浮かびます(笑)

夜も明るいチュートリアル島を目指して

ストランデッドディープ Stranded Deep

最近ランタンをほとんど取り尽くしてしまったので、島の光源を作る手段が【かまど】の設置くらいしか無くなってしまいました。

しかし夜になるとランタンをつけた場所以外真っ暗けになってしまうので、これからのチュートリアル島は夜も明るい島を目指して、随所にかまどを設置してまわろうと思っています(*´・ω・`)b

ストランデッドディープ Stranded Deep
ストランデッドディープ Stranded Deep

↑室内(第1タワー内)にかまどを設置してみたところ、外からでもその暖色の光が確認できました。

拠点制作に拘ってゲームを遊ぶときは、【現実的な建築】【辻褄の合う建築】を心がけているので、木材で組んだ室内にメラメラと火の粉を飛ばすかまどを設置するのは火事の危険性から本来絶対に設置はしないのですが、今回は島を明るくする事を優先して、ガンガンかまどを設置していこうと考えています。

もちろんゲームシステム的に火事などないのですが、どうも現実世界と矛盾する拠点作りはしたくない主義なので、このかまどを光源にする作戦は気が進まない事は確かです(;>_<;)

けんた店長
けんた店長

でも真っ暗けで怖すぎる島よりかは、火事のリスクを背負った明るい島の方がまだ良い!(笑)

またサメ(笑)

ストランデッドディープ Stranded Deep

そういえば200日を目前に控えた昼下がり、またまたサメに襲われました(笑)

倒しても倒しても沸いてくるこいつらは一体なんなんでしょう…(´⊂_`;)

ストランデッドディープ Stranded Deep

まあなんにせよサメの剥製コレクションに新顔が追加されたのでヨシとしますか…(*´・ω・`)b

サバイバル200日のお祝い?珍しい天候

ストランデッドディープ Stranded Deep

サバイバル200日を数日過ぎた頃、なんだか珍しい天候に(*´・ω・`)b

雲がのぺーっと広がり、昼間なのに青空でもなく不思議なカラーの空色になりました。

ストランデッドディープ Stranded Deep

海も凄く静かで、なんだか奇妙な天気でした。

もしかしたら無人島の神様が、サバイバル200日の達成をさりげなく祝福してくれたのでしょうか…(笑)

つぎは250日を予定!

というわけで今回はストランデッドディープのチュートリアル島開発日記をお送り致しました(*^^*)

次回はサバイバル250日前後を予定しておりますので、ストランデッドディープ好きさんは是非当ブログをブックマークして待っててくださいね(*^^*)

ではではご閲覧ありがとうございました。

けんた店長でしたm(__)m


ゲームランキング

※ c 2022 Beam Team Pty Ltd. Stranded Deep is developed by Beam Team Pty Ltd. All rights reserved.
※ Licensed to and published by Teyon Japan.

スポンサーリンク
SNSschool

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました