【やり方間違うと命の危険も!】unicoのダイニングテーブルのオイルメンテナンスをしました!

【unico】ELEMT (エレムト) がある生活

皆様こんにちは!

アーリーセミリタイア男のけんた店長です(*`・ω・)ゞ

今回のセミリタイアぼろ家暮らしは、久しぶりにunico系の記事になっております~!

以前のunico系の記事はこちら

今回はELEMT(エレムト)ダイニングテーブルのオイルメンテナンスに初挑戦してみました!

無垢素材にはメンテナンスが必要

エレムトに使われている無垢材は定期的にオイルメンテナンスを行わないと、ひび割れなどの不具合をおこしたり、かさつきの原因となるので、

unicoで売っているメンテナンスキットを使い数ヵ月に一度くらいの感覚でメンテナンスを行いましょう(*^^*)

ステップ1

まずはテーブルの上を片付けます(*´・ω・`)

テーブル全体にオイルを塗り込むので、物は全て片付けておきましょう。

ステップ2

テーブルの片付けが終わったらメンテナンスキットの用意をします(*^^*)

メンテナンスオイル2つとウエスと研磨用スポンジが入っていました(*^^*)

ちなみに左右のオイルでラベルの色が違いますが、中身は一緒みたいです(*^^*)

ステップ3

次は説明書を良く読みましょう(*^^*)

無垢材の家具はデリケートなので細心の注意を払ってメンテナンスを行いましょう(*`・ω・)ゞ

しっかり説明書を良く読んだら、次はメンテナンスをやっていきましょう~!(*^^*)

ステップ4

まずは研磨用スポンジを使い、木目に沿って細かい擦り傷などを軽く研磨します。

研磨が済んだらついにオイルを塗り込んでいく作業に入ります!(*^^*)

木目に沿って薄くオイルを塗り込んでいきます。

まんべんなくオイルを塗り込んだら、一晩乾かして完了です~!(*^^*)

なんとなく光沢が出て艶が出た気がしますね~!

2度塗りすると更に深みが増すらしいですよ(*^^*)

今回は時間がないので2度塗りはしませんでしたが、次のメンテナンスの時はトライしてみたいと思います(*^^*)

最大の注意点!命を落とす危険も!

オイルメンテナンスで僕が最も気を付けなくてはいけないと思うのは、使用したウエスの放置による自然発火です。

注意書にもある通り、オイルが染み込んだウエスをそのまま放置すると自然発火の恐れがあるのです。

ワックスがけに使った雑巾を放置しておいた事が原因で火災が起きたと、ついこの前ニュース番組でやっているのを見たばかりなので意外と他人事ではありませんよ~!

オイルメンテナンスに使用したウエスは水に浸してから処分しましょう。

一生使えるテーブル

というわけで今回はunico家具のオイルメンテナンスに初挑戦してみました~!

いや~メンテナンスも正直めんどうと言えばめんどうなのですが、そういう手間も含めて使えば使うほど愛着がわく家具だなと感じました!(*^^*)

無垢材の家具を使用している方は是非メンテナンスをしてみて下さいね~!

ではではご閲覧ありがとうございました!

けんた店長でしたm(__)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました